美髪を保つためのヘアドライヤーの使い方

ヘアドライヤーの使い方を学ぶ

ヘアドライヤーで乾かすこと

自分にとって、使いやすいヘアドライヤーを探してください。 それが美髪を育てるために欠かせないことで、髪の毛の乾かしやすさにも関係します。 まずは最低でも温風が出ることや風量が大きいこと、さらに軽いことにもこだわって、ヘアドライヤーを購入しましょう。

タオルをうまく使おう

そのままの状態でヘアドライヤーの温風を髪の毛に当てると、乾燥させたり傷つけたりする恐れがあります。 そのような事態を避けるために、タオルを使ってください。 タオルである程度の水分を拭き取る、タオル越しに温風を当てるなどの対策をすると、髪の毛を守れます。

見極めるポイントとは

髪の毛を乾かした後に、自然乾燥をする人がいます。
しかしそれは髪の毛に大きなダメージを与えるので、絶対にしないでください。
きちんとヘアドライヤーを使って乾かすことが、美髪に繋がります。
まずは、正しいヘアドライヤーの選び方を知りましょう。
おすすめは高温から冷風まで出る製品や、マイナスイオンが出る製品です。
さらに軽くて持ちやすいヘアドライヤーなら、髪の毛を乾かすという行為が面倒に感じないでしょう。

そしてヘアドライヤーで乾かす前に、しっかりとタオルで髪の毛の水分を拭き取ってください。
それからヘアドライヤーを使うと、短時間で乾かすことができます。
さらに髪の毛に余計な熱を与えないよう、数センチ離したり、タオルを被ったまま温風を当てましょう。
そして一か所に、ずっと温風を当てないでください。
満遍なく髪の毛を乾かせるように、温風を当てる位置を変えたり、ヘアドライヤーを小刻みに動かしたりするのが正しい方法です。

そして、髪の毛を分けて頭皮を乾かすことも意識しましょう。
髪の毛が乾いても頭皮がまだ濡れていると、汚れが残る原因になってしまいます。
それでは、丈夫で綺麗な髪の毛は育ちません。
頭皮は髪の毛が育つための土壌のようなもので、環境を整えることが美髪に必要です。
髪の毛を十分に乾かしたら、最後にブラッシングをしましょう。
また乾かし終わった後は水分が足りていないので、トリートメントを塗って、保湿をするのもおすすめです。

髪の毛が育つ環境を整える

頭皮が濡れていたり、汚れていたりすると髪の毛が育ちません。 ですからヘアドライヤーで、頭皮を乾かすことを意識してください。 そこで温風が頭皮まで行き渡るよう、乾かす時は髪の毛をを分けるのが良い方法です。 そして全体を乾かしたら、髪の毛を保湿しましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る