ヘアドライヤーの使い方を学ぶ

タオルをうまく使おう

タオルを被って乾かす

いきなり髪の毛をヘアドライヤーで乾かすのではなく、タオルで水分を拭き取ってください。
この時にしっかりと乾いているタオルを使うと、ある程度の水分を拭き取ることができます。
それからヘアドライヤーを使うと、いつもより短時間で乾かせると覚えておきましょう。
また温風を当てる時に、タオルを被るのも良い方法です。

するとタオルが熱から守ってくれるので、髪の毛の内部の水分が蒸発して乾燥したり、ヤケドをしたりするリスクを下げられます。
ただ、清潔なタオルを使うことを守ってください。
1回使ったタオルを何回も使い回したり、濡れているタオルだったりすると意味がありません。
むしろ雑菌が繁殖し、髪の毛に移動してしまうので気を付けましょう。

満遍なく温風を当てよう

ずっと同じ場所に、温風を当て続けるのは避けてください。
それでは髪の毛に必要な水分も蒸発してしまいますし、他の場所が疎かになります。
ですからヘアドライヤーを動かしながら使い、満遍なく乾かすことを心がけましょう。
数秒で温度を当てる位置を変えると、ヤケドをするリスクも下がります。

またヘアドライヤーは、10cmから15cmほど髪の毛から離して使うことをおすすめします。
ヘアドライヤーと髪の毛をくっつけて乾かす人がいますが、それでは温風が当たりすぎて、髪の毛を傷つけるので避けてください。
数センチ離して使っても温風は髪の毛にまで届き、乾かすことができます。
これが髪の毛を守りながら、乾かすコツだと覚えておきましょう。


TOPへ戻る